インプラント治療後は必ずメンテナンスを受けること

定期的にメンテナンスを実施して厄介なインプラント周囲炎を防ぐ!

インプラント治療後は必ずメンテナンスを受けること

歯科インプラント

インプラント周囲炎に注意

東京の歯医者でインプラントの治療をしても定期的にメンテナンスを実施しなければ、「インプラント周囲炎」を発症してしまう恐れがあります。ここで言うインプラント周囲炎とは細菌が増えてしまうことで発症する病気のことを指しています。歯茎の腫れや痛み、出血などの症状が目立つでしょう。このインプラント周囲炎を放置してしまうと、最終的にインプラントが駄目になってしまうので注意が必要です。

治療後のメンテナンスは必須

上記に記載されているインプラント周囲炎を防ぐためにも、治療をしたあとはメンテナンスをすることが何よりも大事となっています。人口の歯となっているため虫歯などの心配はありませが、それでもメンテナンスをしないことによって様々なトラブルを招いてしまう恐れがあります。そのようなトラブルを無くすためにもメンテナンスはしっかりと受けるようにしましょう。

メンテナンスを実施するタイミング

歯医者にてインプラント治療をしてもらったら、大体年に1回か2回かはメンテナンスを受ける必要がありますよ。しっかりとメンテナンスに行くことによって人口歯自体を長持ちさせたり、事前にトラブルを察知出来たりします。このメンテナンスはインプラントの状況によって通う回数が変わってくることもあるので、主治医にチェックしてみると良いですよ。

歯医者で行なうインプラントのメンテナンス内容をチェック!

歯の状態を確認する

歯医者では定期的にインプラントのメンテナンスを行なっていますが、その際はまずは歯の状態を確認しています。あわせて歯茎や粘膜もチェックして、異常がないかを判断していきます。場合によっては、インプラントを外して確認することもありますよ。

噛み合わせを見る

歯全体のバランスは非常に重要なので、噛み合わせもメンテナンスのときは絶対に確認しています。噛み合わせに問題が無ければ大丈夫ですが、もし問題が発生していた場合は人工歯を削るなどの方法で調整していくでしょう。

クリーニング

歯の状態をチェックする以外にも汚れや歯垢、歯石を綺麗に落としていくためにクリーニングも実施していきます。このようにメンテナンスで定期的に歯のクリーニングをすることによって、歯周病やインプラント周囲炎を予防してくれます。

正しいケア方法の指導

メンテナンスの結果次第により、汚れが多いなど判断された場合は正しい歯磨きの仕方や磨き方など、歯に関する指導が入ります。その他にも歯医者によっては食生活の調査を行なう場合があります。このようにメンテナンスではインプラントの異常をしっかりとチェックしていくでしょう。

広告募集中